ニューリーダー誕生 – ENDURO GP R3スペイン

FIMエンデューロ世界選手権 ENDURO GPの第3戦スペイン。オーバーオールカテゴリーのGPクラスでは、Betaのブラッド・フリーマンが、2日間とも優勝。これで、前回のポルトガルDAY2から3連勝となりポイントリーダーになりました。先輩チームメイトのスティーブ・ホルコムは、2日目もGPクラスで6位、排気量別のE3でも2位と不振。 続きを読む

亀山越野硬耐力 – 台湾ハードエンデューロ

2019年4月21日 台北市郊外で開催された台湾ハードエンデューロを取材させていただきました。詳しい記事は次号のBIG TANK No.223に充分なぺへージを割いて掲載いたします。台湾、アジアのモーターサイクル文化、外国への遠征とはどういうものなのか、台湾の旅行など、さまざま角度で楽しさをお伝えします。 続きを読む

ユース125タイトルを狙う – Hamish Macdonald

ENDURO GPのユース125ccクラス(21歳以下)にフル参戦するニュージーランドの才能。ヘイミッシュ・マクドナルド。「まるでスティーブ・ホルコムが125に乗っているみたいだ!」とまで言われるその走り! ENDURO GP開幕戦ドイツでは、Sherco 125を駆り、両日優勝を決めました。 続きを読む

ENDURO GP 開幕 ドイツ

3/22金曜日のスーパーテストに始まった2019年のENDURO GP = FIMエンデューロ世界選手権。昨シーズンからKTMとHusqvarnaのビッグ2が抜けたチャンピオンシップは、しかし「自然治癒力」を発揮しはじめたように見えます。 続きを読む

ISDE 2018 ワールドトロフィ予想

11月12日~12日の日程、チリで開催されるFIMインターナショナルシックスデイズエンデューロ。

2016年に、これまでの6名制から4名制に転換されて以来、国代表ライダーで競われる「ワールドトロフィ」争奪戦が激化しています。ライダーの数を少なくしたことで、競争力を得た国が多くなったということと、同時に、6名制の時には1名がリタイアしてもチーム成績に影響しない「ベスト5方式」だったのに対して、4名制になったと同時に、4名全員のタイムが合計される仕組みになったため、ワンミスで大逆転が起きやすくなったことが影響しています。 続きを読む

ENDURO GP 2018 – 第3戦 ポルトガル

昨年までBetaファクトリーチーム、今年はイタリアのJolly Enduro TeamでHusqvarnaの450を走らせているアレックス・サルビーニが、オーバーオールのGPクラスを2日間とも制しました。昨年のGPクラスチャンピオン、Betaのスティーブ・ホルコムにとっては厳しい週末。 続きを読む

A4DE オーストラリア版ISDE

ライダー自身がモーターサイクルを整備、修理しながら、さまざまなシチュエーションを含む長いルートを走り、スペシャルテストでタイムを競う。オーストラリアで継承されているトラディショナルなスタイルの4日間競技がA4DE(豪州4日間エンデューロ)です。 続きを読む

Sherco Factory Range 2018

Shercoは、完全新設計エンジンの2ストローク125が世界的に評価が高いです。マット・フィリップスの続投も決まって、企業としても、またレースシーンでの存在感もますます高まるでしょう。 続きを読む

日本から2名が招待 FIMウイメンズエンデューロ 2018年10月ドイツで開催


HTDE 2017
Photo : Toshimitsu Sato

MFJからのアナウンス。2018年10月にドイツで開催されるFIM WOMEN’S ENDUROに参加する日本人選手を募集とのこと。参加する2名の選手に対しては、FIM(国際モーターサイクリズム連盟)が参加をサポート。往復航空券、現地での宿泊、使用するバイクのレンタルがFIMの負担で用意される。 続きを読む