Steve Holcombe スティーブ・ホルコム

2015年のシーズン途中からエンデューロ世界選手権に参戦、いきなりトップランカーに。2016年はBetaファクトリーチーム入りし、ENDURO GPクラスでトップ争い、そしてE3で世界タイトル獲得。夢に向かって全力疾走するヤングブリット。ENDURO GPは3月25日、スノーコンディションのフィンランドGPで開幕です。 続きを読む

イタリア選手権ハイライト


左からマット・フィリップス、ジャコモ・レドンディ、そしとアレックス・サルビーニ。Honda RedMoto

イタリアエンデューロ選手権の第2戦 R3/4の舞台はシシリー島。世界選手権に準じてこのナショナルシリーズでもオーバーオールのGPクラスが導入。DAY1はShercoのマット・フィリップス、DAY2はBetaのアレックス・サルビーニが優勝、そして2日間総合では昨年のジュニア世界チャンピオン、Red Moto Hondaのジャコモ・レドンディが優勝という結果。ベルガモ出身のヤングガンが、今年のENDURO GPでトップ争いに絡むのは確実です。 続きを読む

KTMは2ストロークインジェクションを発表

KTMは、2018モデルとして、フューエルインジェクションの2ストロークエンジンを搭載した250EXC/300EXCを発売することを発表。5月にはヨーロッパのディーラーに配置され、北米ほかのマーケットにも限定数ながら供給される見込み。段階的に厳しくなり、2020年にEURO5規制となるエミッションコントロールへの対応として、2ストロークエンジンには効率の良い燃料噴射システムが必要と考えられている。KTMが開発したFIシステムは、TPI(トランスファー・ポート・インジェクション)と呼ばれるもの。 続きを読む

オープンエリア(愛知県)がKTMコーナーショップに

 JECほか、レースに取り組むライダーをサポートしているオープンエリアが、コーナーショップとしてKTMディーラーに復活するという報。代表の中嶋宏明氏は、1997年ISDEイタリア大会、2000年のISDEスペイン大会でも完走(同大会では日本人として初めて4ストローク400ccクラスで出場)するなど、経験豊富なエンデューロライダー。レーシングサービス、WPサスペンションのチューンナップでも多くのライダーから支持される名人だ。 続きを読む

完全復活 JOSH GREEN #99 オーストラリア

今やエンデューロ最強国のひとつとなったオーストラリアのトップライダー、ジョシュ・グリーン。昨2016シーズンの緒戦で負傷し、シーズンを棒に振るかと思われましたが、6か月後、オーストラリアのエンデューロシーンでもっとも重要な大会であるA4DE(オーストラリア4日間エンデューロ)のE1クラスで優勝。今季も万全の体制で臨みます。 続きを読む

風魔プラス1 Bajaのエキスパートと行くGWのツアー

Bajaを知りつくした風魔プラス1 世田谷店の渡辺店長と行くBajaのライディングツアー、今年も実施します! Bajaカリフォルニア半島北部の砂丘や巨大サボテン林、地平線まで延びるロングダート、太平洋側、コルテス海側のシーサイドルートをはじめ、ドライレイクでの全開走行など、Bajaの魅力堪能。 続きを読む

4/9は HINO HARD ENDURO

エントリー開始とほぼ同時に定員になってしまった、伝説(はこれから)の初開催イベント。日野ハードエンデューロ。公式サイトをチェックして開催日をマテ。
駐車場スペースの関係で、エントリー数が限られているわけですが、すでにエントリーしているライダーとトランポの相乗りを条件に、追加募集の「相乗りエントリー」が行われています。

公式
https://hinohardenduro.wordpress.com/ 続きを読む