創刊号の表紙 1998年 – 最大のスポンサーについて

恥ずかしいけど、これが創刊号の表紙です。創刊からしばらくは、全部が白黒の32ページの中綴じ冊子でした。2014年までは月刊、現在は隔月刊で、ページ数は100ページ前後にしています。

オンラインショップ
http://btmshop.cart.fc2.com/?ca=all&sort=5

出版の理由

この情報誌を出そうと考えた動機は、日本にエンデューロを、ひとつの競技種目として捉えて継続的、体系的に伝えているメディアがなかったからです。 続きを読む

バックナンバー3冊セットを お得なプライスで


初めてBTMを購入する、という方にぴったりのバックナンバー3冊セットをオンラインショップに登録しました。

世界のエンデューロ、ラリー情報に触れてください。オフロート入門編の内容ではありませんが、すでに大好きになってしまった人に興味を持っていただけると思います。

限定5セットずつです。

オンラインショップ
http://btmshop.cart.fc2.com/?sort=5

リテイルショップ様の紹介- 3 風魔プラスワン世田谷店

シリーズ第3回。順番は手元にある住所リストの上からですm(__)m

店長の渡辺さんは、本物のオフロードライダーで、その知識と経験に基づいて選ばれた用品が揃ったショップです。在庫も多いので本当に頼りになります。三上編集長のriderマガジンの編集部が、以前は近所だったので、ぼくも度々お邪魔していました。レース前日に、三上さんが慌てて買い物にいってます。 続きを読む

リテイルショップ様の紹介 -1  KTMマルチディーラー・フレックス

BIGTANK誌は、1998年の創刊以来、全国のバイクショップ様にリテイルショップになっていただき、強力に活動をサポートしていただいています。これからしばらくの間、リテイルショップ様を1件ずつ紹介させていただきます。手元にある発送リストの上から、なんで順不同にみえると思いますがご容赦ください!

【重要】
リテイルショップ様でBIGTANK誌を購入希望の場合、必ず事前に在庫の確認をしてください。

BTMリテイルショップ 紹介 No.1
KTMマルティディーラー:フレックス

続きを読む

No.227 「砂漠の競走者たち」

BIG TANK No.227
2020年2月25日 発売号

特集 砂漠の競走者たち

A4 オールカラー100ページ

オンラインショップ
http://btmshop.cart.fc2.com/?ca=all&sort=5

●アフリカエコレース
アフリカエコレース2020
フランス、イタリア、モロッコ、西サハラ、モーリタニア、そしてセネガルへ。2週間に渡る壮大なラリーに密着取材。 続きを読む

競技者用IDステッカー 1/31まで受付

昨年もご好評をいただいた競技者用のIDステッカーです。車両に貼る用と、ヘルメットに貼る用の2種類を1枚のシートに配置。

自分で製作しようとすると案外面倒くさいですから、特にラリーに参加する方は、1~2セット用意しておくと、とても便利です。

【特徴】
・柔軟なベース素材
・対候性、耐摩擦性
・切り抜きカッター線入で簡単に貼れます
・A~Cの三種のデザイン

オンラインショップはこちら
http://btmshop.cart.fc2.com/ca9/384/p-r9-s/

No.226 特集 完全ISDE – 6日間競技のすべて


Cover image : Tadashi Kugimura
Shoot by Masanori Inagaki

史上最強の布陣で臨み、期待を上回る活躍を見せたISDEチームジャパン。釘村忠、渡辺学、馬場大貴、前橋孝洋の戦いを中心にした密着レポートと、ISDEのすべてを知るための解説を併せてお届けします。2名のクラブチームライダーと総合優勝ダニエル・サンダースのインタビュー。そしてエンデューロの起源まで。

BIGTANK No.226
2019年12月24日 初回発送

オンラインショップ
http://btmshop.cart.fc2.com/?sort=5

●特集 完全ISDE 6日間競技のすべて
 チームクラス解説
 最下位除外ルールがもたらすもの
 メダルアゥォードとは何か?
 6日間を戦うメカニックたち
 ポルトガルのオーガナイズに見るISDEの素顔
 チームジャパン6日間の戦い詳細レポート
 「日本人初のゴールドメダルへの道」
 釘村忠・渡辺学・馬場大貴・前橋孝洋
 「たったひとりの完走者」 真田治
 「無名選手の6日間」 宮田賢市
 「雷鳴、頂上に響く」 ダニエル・サンダース
 「ヴィンテージトロフィ」 春木久史
続きを読む

ISDE 2019 ポルトガル大会 – 壁を打ち破った日本人ライダーたち

FIMインターナショナルシックスデイズエンデューロ2019 ポルトガル大会。11月11~16日の開催。日本のワールドトロフィチームは17カ国中13位、釘村忠が日本人として初のゴールドメダル獲得、渡辺学と馬場大貴がシルバーメダル、最年少の前橋孝洋がブロンズメダルクラスで、2017年のフランス大会以来2度目の完走という結果でした。 続きを読む