風魔プラス1 Bajaのエキスパートと行くGWのツアー

Bajaを知りつくした風魔プラス1 世田谷店の渡辺店長と行くBajaのライディングツアー、今年も実施します! Bajaカリフォルニア半島北部の砂丘や巨大サボテン林、地平線まで延びるロングダート、太平洋側、コルテス海側のシーサイドルートをはじめ、ドライレイクでの全開走行など、Bajaの魅力堪能。 続きを読む

4/9は HINO HARD ENDURO

エントリー開始とほぼ同時に定員になってしまった、伝説(はこれから)の初開催イベント。日野ハードエンデューロ。公式サイトをチェックして開催日をマテ。
駐車場スペースの関係で、エントリー数が限られているわけですが、すでにエントリーしているライダーとトランポの相乗りを条件に、追加募集の「相乗りエントリー」が行われています。

公式
https://hinohardenduro.wordpress.com/ 続きを読む

Assoluti d’Italia Lignano 2017 - イタリア選手権開幕戦はワトソンが両日優勝

iec

昨年がエンデューロのデビューシーズンだった英国、MXGP出身のネイサン・ワトソン(KTM)が、ENDURO GP (FIMエンデューロ世界選手権)の開幕を前に、イタリア選手権のR1/2の両日をオーバーオールで制しました。ワトソンは、昨年もこの大会で優勝しています。 続きを読む

The Australian Invasion! 豪州から二人のルーキー

egpt

2015年のISDEでは、ワールドトロフィチーム、U23のワールドジュアトロフィ、そしてウーマンズワールドトロフィと、3冠を制覇したオーストラリア。ダカール王者のトビー・プライスもオーストラリアのISDE代表ライダーでしたが、国内選手権のレベルも高く、エンデューロの分野でもフランスに並ぶ強国に成長しつつあります。 続きを読む

マット・フィリップスとSherco 4T300cc

mtpint

マット・フィリップス。2013年。デビューシーズンでジュニアタイトルを獲得。チームはファブリツィオ・アザーリンが率いるHusqvarna CHレーシングでした。当時のHusqvarnaは、ミラノ郊外のカシネッタ村に本拠があり、資本はBMWでした。マットは翌年、KTMに移籍。2年間、ファビオ・ファリオーリの下で走り、昨シーズン、Shercoに移籍し、再びアザーリンのチームで走ることになりました。 続きを読む

マット・フィリップス - 今年ももっとも期待されるライダー

mtptrees

2013年にジュニア(U23)でチャンピオン、翌年はKTMの2ストローク300ccで最大排気量のE3でタイトル。ジュニアとシニアで続けて世界タイトルを獲ったのはマット・フィリップスが初めて。昨年Shercoに移籍し、4ストローク300ccで2t250/4t450のE2クラスに挑戦。E2タイトルと同時に、オーバーオールのENDURO GPクラスで初のチャンピオンに輝いた。 続きを読む

リテイルショップ募集中です!

10_1_19

BIGTANKの販売協力店を募集しています。エンデューロバイク、アドベンチャーバイクの正規ディーラー様、販売店様、用品取扱いショップ様、カフェ、美容室、床屋さん、銭湯、薬局、病院、産婦人科、オフロードコース、それぞれ経営の皆様、ぜひ、この変な雑誌のお取り扱いをご検討ください! あ、書店様もです。、

リテイルショップお見積もり
続きを読む

FIM Women in Motorcycling: Ludivine Puy – 世界選手権エンデューロの女性ライダー

puy

エンデューロは、競技人口の大半が男性で占められているのが現実ですが、女性の参加者は常に存在していました。FIMは、2006年のニューじーランド大会で初めて女性のクラスを設けました。フランスチームはそれから5回女性チームクラスで優勝していますが、リデュディーニュ・ピュイは常にフランスチームの一員として参加してきました。 続きを読む