A4DE オーストラリア版ISDE

ライダー自身がモーターサイクルを整備、修理しながら、さまざまなシチュエーションを含む長いルートを走り、スペシャルテストでタイムを競う。オーストラリアで継承されているトラディショナルなスタイルの4日間競技がA4DE(豪州4日間エンデューロ)です。 続きを読む

日本から2名が招待 FIMウイメンズエンデューロ 2018年10月ドイツで開催


HTDE 2017
Photo : Toshimitsu Sato

MFJからのアナウンス。2018年10月にドイツで開催されるFIM WOMEN’S ENDUROに参加する日本人選手を募集とのこと。参加する2名の選手に対しては、FIM(国際モーターサイクリズム連盟)が参加をサポート。往復航空券、現地での宿泊、使用するバイクのレンタルがFIMの負担で用意される。 続きを読む

tmの歴史を振り返る

ワールドエンデューロで頂点を走り続けるイタリアのファクトリー、tm Racingの足跡を振り返るビデオ。エンデューロファンには、1998年、ロマン・ミカリック(チェコ)の125ccクラスチャンピオン獲得、1999年ミカ・アオラ(フィンランド)によるISDEオーバーオール優勝を記憶している人が多いかもしれません。 続きを読む

ITDE Isola d’Elba Revival – バックナンバー 記事

在庫僅少となったバックナンバーの記事をpdf化して掲載します。これは2015年にイタリアのエルバ島で開催された、ヒストリックエンデューロに、本誌のハルキと、エンデューロライダーでKTMディーラーの大楽さん、シートメーカーの野口さん、そしてチームマネージャーにジェニー・ホジキンスさんと3人で参加した時のレポートです。 続きを読む

ISDE TEAM JAPAN OFFICIAL SITE

今年のFIMインターナショナルシックスデイズエンデューロに参加する、ISDEチームジャパンのオフィシャルサイトがオープンしました。ENDURO.Jのプロデュース、もちろんBTMも協力しています。

http://isde-japan.net/

これからどんどんISDE関連の話題がアップされます。2010年以来のチームジャパン。5か年計画で世界一を目指す、まずは今年の4人を協力プッシュ!! 続きを読む

ISDEチームジャパンのプレス発表会 5/6 テージャスランチにて

5か年計画で世界一を目指す ISDEチームジャパン

今年のISDEに参戦が決定したTEAM JAPANの参戦プレス発表会が、JEC開幕戦の前日、同会場のテージャスランチで行われる。5月6日土曜日16:30から本部前にて。発表会にはライダー4名、チーム監督、メカニックも出席予定。司会はrider誌の三上編集長。

JECPRO公式

日本代表チームの参戦は、2006年のニュージ―ランド大会が最初で、以後、2007年チリ大会、2008年ギリシャ大会、2010年メキシコ大会と続けられたが、以後派遣が途絶え、今年は7年ぶりの出場となる。日程は8月29日~9月2日の6日間。 続きを読む

前橋孝洋がKTMへ移籍、ワールドトロフィー参戦へ | ENDURO.J

ENDURO.Jより
http://www.enduroj.com/

2015年、IBクラスチャンピオンからIAにトップ昇格、2016年はJEC IAランキング3位でシーズンを締めくくった前橋孝洋。今年はISDEフランス大会に、鈴木健二らとともに日本代表チームとしての参戦が決定しているが、このほど、車両メーカーの変更を発表した。 続きを読む

ISDE 2017 フランス大会に日本代表チームが出場する

今年はフランスで開催される、ISDE(FIMインターナショナル・シックスデイズ・エンデューロ)に日本代表のワールドトロフィチームが参戦することが決定。日本代表チームの参戦は、2006年のニュージ―ランド大会が最初で、以後、2007年チリ大会、2008年ギリシャ大会、2010年メキシコ大会と続けられたが、以後派遣が途絶え、今年は7年ぶりの出場となる。日程は8月29日~9月2日の6日間。 続きを読む

完全復活 JOSH GREEN #99 オーストラリア

今やエンデューロ最強国のひとつとなったオーストラリアのトップライダー、ジョシュ・グリーン。昨2016シーズンの緒戦で負傷し、シーズンを棒に振るかと思われましたが、6か月後、オーストラリアのエンデューロシーンでもっとも重要な大会であるA4DE(オーストラリア4日間エンデューロ)のE1クラスで優勝。今季も万全の体制で臨みます。 続きを読む

ISDE – アメリカ代表チームの話

rhbh

ISDE(FIMインターナショナルシックスデイズエンデューロ)。2016年のスペイン大会では、史上初、USトロフィチームが優勝しました。最新号の連載コラム Parc Ferme はそんな話題で書いています。そのなかにアメリカきってのシックスデイズ師匠、ランディ・ホーキンスのことが出てきます。 続きを読む