ISDE 2019 ポルトガル大会 – 壁を打ち破った日本人ライダーたち

FIMインターナショナルシックスデイズエンデューロ2019 ポルトガル大会。11月11~16日の開催。日本のワールドトロフィチームは17カ国中13位、釘村忠が日本人として初のゴールドメダル獲得、渡辺学と馬場大貴がシルバーメダル、最年少の前橋孝洋がブロンズメダルクラスで、2017年のフランス大会以来2度目の完走という結果でした。

チームマネージメント陣、メカニック、ヘルパー、サポーター、スポンサーの力が結集して素晴らしい試合を見せてくれました。あらためて関わった人たちに敬意を表します。

13位。この数字だけを見ると大した結果に見えないと思いますが、他国と競い合った結果という点で、新たなステップに上がったと言えると思います。このチームを組織し運営した人たちの情熱と努力に敬服します。日本のエンデューロシーンにとって大きな一歩だと思います。

毎日のレポートはチームジャパンのホームページで行いました。毎日、時間が無いなかでの作業だったので意を尽くせませんでしが、稲垣の写真がいいでしょう? 今後もウェブメディア、もちろん次号BIGTANK誌でしっかりレポートします。

ISDEチームジャパン
http://isde-japan.net/

動画でのレポートも毎日アップされました。メディアチームの皆様もお疲れさまでした。


FIM TV


チームジャパン公式


OJ FILMS





オンラインショップはこちら
http://btmshop.cart.fc2.com/?sort=5