サルビーニか久しぶりの総合優勝! ENDURO GP R5 イタリア

今年はすべてのラウンドが伝統的な形式の、リエゾンとスペシャルテストがあるエンデューロフォーマットで統一されているFIMエンデューロ世界選手権。

第5戦の開催地イタリアは、クラシックエンデューロが一番盛んな地域で多くの熱心なファンがENDURO GPを歓迎します。トップチームのほとんどがイタリアに本拠を置いています。

ロッキー快勝!

地元開催のGPで、アレックス・サルビーニ(Honda)が久しぶりにオーバーオールカテゴリーのGPクラスで優勝しました。DAY1のPクラス優勝は、イタリアのtmレーシング擁するダニー・マッカニーでした。

Shercoの4ストがついに2Tを破る

イタリアのヤングスター、マテオ・カバッロは、エンジン出力で圧倒的に不利な4ストローク250ccのShercoで、見事E1クラス優勝。

早くもタイトルを決定したtmのヴェローナ

23歳以下のジュニアクラスはtmレーシングのアンドレア・ヴェローナが開幕から連勝を続けてなんとここですでにタイトルを決定してしまいました。2年前にはユース125の世界チャンピオンに輝いた、まさに次代を担うイタリアのライダーです。

ユース125の新星

そのユース125に彗星のように登場したニュージ―ランドのヘイミッシュ・マクドナルド(Sherco)は、前回のギリシャで負傷してしまったんですが、今回も走って、しっかり2位。自身「自分にとっては優勝と同じぐらい価値がある」と安心した様子。

Betaライダーたち

スティーブ・ホルコムは徐々に好調を取り戻していますが、GPのポイントリーダーであるブラッド・フリーノンはクラッシュして肩を骨折。9月のサマーブレイク明けにはきっとカムバックできるでしょう。

BIGTANKはENDURO GPを全戦フォロー

弊誌は、1998年の創刊から、FIMエンデューロ世界選手権のすべてのラウンドのレポートとリザルトを掲載してきました。最新号でも、ENDURO GPを詳報、さらにトップライダーのインタビューや、トレーニング方法なども掲載しています。世界のエンデューロを知るならBIGTANKを手にしてください!

オンラインショップ
http://btmshop.cart.fc2.com/?sort=5






オンラインショップ
http://btmshop.cart.fc2.com/?sort=5