Dakar 2019 – Stage 5 - サンダーランドがステージ優勝、ゴンサルベスのリタイア。ラリーは後半戦へ


パウロ・ゴンサルベスがステージ5でリタイア

Stage 05 モケグア~アレキパ
2019年1月11日(金)
リエゾン / 431km
SS / 345km
トータル / 776km

 ビバーク(宿泊地)にアシスタンスチームがアクセスできず、タイヤ等スペアの補給も受けられないマラソンステージの後半。

前日はペースを落としセーフティマージンをとっていたチームも、この日は100%でアタックする。ラリーの前半戦はここで終了。翌1月12日はアレキパでのレストデイ。いつもより短いラリーは、残すところ5日間5ステージ。

 この日のスペシャルステージは「ナビゲーションスペシャリスト」のザビエル・ソルトレート(Yamaha)がトップでフィニッシュ、ダカールデビュー戦のエンデューロライダー、ロレンツォ・サントリーノ(Sherco)が続いたが、正式結果では、サム・サンダーランド(KTM)がステージ優勝となった。2017年に英国人として初のダカール勝者となったサンダーランドは、パウロ・ゴンサルベスのクラッシュの第一発見者となり、その救助に当たったことが認められ、ロスタイムの10分が減算された結果。サンダーランドのステージ優勝は通算5回目。

 前日、自身の好調を言葉にしていたパウロ・ゴンサルベスは、155地点でクラッシュ。右手首を骨折する怪我でリタイアとなった。

サム・サンダーランド KTM ステージ1位/総合2位
「もし目の前で誰かがクラッシュしていたら、誰だって同じことをすると思いますよ。彼に付き添って停止したいたのは10分以上あったとは思いますが、これを正確に計るのは難しいと思います。止まっている間、たくさんのライダーに抜かれたので、再スタートしてからは、とにかくできるだけ飛ばしましたが、すでに荒れてしまった路面を走るわけですから大変でした。フィニッシュの前に、トップグループの姿が見えたので、少し挽回できたことがわかりました。結果としては総合2位でラリーを折り返すことができてうれしいです。しかし後半の5日間が重要です。ダカールでは何が起こってもおかしくありません。ここからが、本当の真剣勝負です」。

堅調なYamaha勢

ザビエル・ソルトレート Yamaha ステージ2位/総合8位
「今日も順調でしたね。ステージ2位はとてもうれしいです。全体に高速なステージで、リスキーな場所も多かったですが、マラソンステージの2日目でタイヤも消耗しているし、スタートから慎重なペースで走りました。フィニッシュ近くなってからは、マシンの調子がいいし、ライディングにも自信が持てたので、少しプッシュしてペースを上げました。結果、トップでフィニッシュできたんですが、あとになって、サンダーランドが怪我をしたラダーの救助のためにストップしていて、そのタイムが回復されたということで、僅差の2位になりました! ここまで順調にラリーを進めてくることができましたね。後半が本当に楽しみですよ!」

アドリエン・ファン・ビベレン Yamaha スージ4位/総合5位
「ダカールはただ速ければ勝てるというものではないですが、今回は特にそうだと考えています。時にはがまんすることも重要で、常に最終的な順位のことを考えなければいけないと思っています。今日は、得意のデューンも多く、ステージ優勝する自信もありましたが、ここで重要なのは、休息日明けのステージ6で、ナビゲーション的に有利なポジションを得ることです。だから、後半はスローダウンして順位を調整したんです。今年はいつも以上に接戦です。毎日10~15名ものライダーがステージ優勝を狙ってきます。いい順位で前半を終えることができましたね。次のステージが楽しみです」。


ステージ5成績

総合成績(ステージ5終了後)


Dakar2019公式
https://www.dakar.com/en

HRC公式
https://www.honda.co.jp/DAKAR/

Yamaha Dakar
https://www.yamaha-racing.com/dakar/articles

HINOチームスガワラ
https://www.hino.co.jp/corp/dakar/

オンラインショップ
http://btmshop.cart.fc2.com/?sort=5






Sherco Japan
https://sherco.jp/