Dakar 2019 – Stage 3 - バレダがリタイア、Hondaに序盤戦の危機

Stage 03 サンファン~アレキパ
2019年1月9日(水)
リエゾン : 467km
SS : 331km
トータル : 798km

 ステージ3にして上位陣に波乱の展開。Yamahaオフィシャルチームのザビエル・ソルトレートが今ラリー初のステージ優勝。Hondaにとって「最強ウェポン」であるはずのジョアン・バレダはコースアウトして復帰できずリタイア、昨年もHondaの期待を一身に背負って戦ったケビン・ベナビデスがジャンプアップし、ステージ3位/総合2位という結果。

 Husqvarnaのパブロ・キンタニーアは、トリッキーなウェイポイント設定に早く対応し、慎重なスピードで走ってステージ2位、総合での首位に立つ。前日ステージ2の勝者、ディフェンディングチャンピオンのマティアス・ウォークナー(KTM)、リッキー・ブラベック(Honda)、トビー・プライス(KTM)はいずれもナビゲーションに苦戦して大きくタイムロス。

パブロ・キンタニーア Husqvarna ステージ2位/総合1位
「山の中に入ってもウェイポイントの設定がトリッキーで、しかも霧が濃く、視界が悪い状態でした。リスクが大きいと判断したので、スピードを落とし、確実にウェイポイントを拾えるように、ナビゲーションに100%集中することにしたんです。結果にはすごく満足していますよ!」

 ジョアン・バレダは、143km付近、濃霧の中でコースアウトして転落。自力で復帰することができずリタイアを決断した。

ジョアン・バレダ Honda リタイア
「序盤から前を行くライダーを追ってプッシュしていました。調子は悪くなかったですが、山の中に入ってから霧が濃くなってそこでロードブックとGPSを見ていた時に崖から落ちてしまいました。戻ろうとがんばっている時、ウォークナーが止まってくれましたが……。結局、谷を下って復帰しようとしたのですが、戻れる道は無くてリタイアすることになってしまいました」。

ケビン・ベナビデス ステージ3位/総合2位
「長いステージでしたね。今日はスタート順が良くてナビゲーションの点で有利なポジションでした。ライディングも調子が良かったです。いくつかナビゲーションミスをしてしまいましたが、全体としてはいい日でした。総合でも2位になれて、悪くない誕生日ですね!」

マティアス・ウォークナー KTM ステージ15位/総合8位
「キツい1日でした。トップを走っていたのは60km地点まででした。けっこう派手にクラッシュしてしまい、それからリズムを取り戻すことができませんでした。山の中は霧で本当に視界が悪く、普通だったら走れる状態ではなかったと思いますよ。とにかくスピードを落とすしかありませんでした。後半、なんとかペースを取り戻しましたが、今日はタイムロスが大きかったですね。でもまだ3日目が終わっただけです」。





ステージ3リザルト

総合(ステージ3終了時点)

Dakar2019公式
https://www.dakar.com/en

HRC公式
https://www.honda.co.jp/DAKAR/

HINOチームスガワラ
https://www.hino.co.jp/corp/dakar/

オンラインショップ
http://btmshop.cart.fc2.com/?sort=5



Beta motor Japan
http://betamotor.jp/wp/