復権する2スト – Betaは200ccモデルを追加

イタリアのBeta motorは、2019年のエンデューロモデルに2ストローク200ccモデルを追加しました。すでに昨年、新設計の125ccモデルを発売。
FIMエンデューロ世界選手権では、ブラッド・フリーマンが勝利を重ねていますが、新しい200モデルは、その125をベースにしたもののようです。

FIMによるモーターサイクルスポーツの4ストローク化という大方針のもと、エンデューロでは1998年から4ストローク250ccクラスが設定。各社4ストロークの開発に注力してきましたが、市場では次第に2ストロークが復権。ランニングコストの低さから、特に若年層向けに存在価値を見直されてきました。加えてエクストリームエンデューロの台頭によって、2ストロークは完全に復権を果たしたと言えます。

125ccのハンドリング、250ccのパワーの良いところを併せ持つ200ccも再び人気のクラスになるかもしれません。

https://www.facebook.com/plugins/video.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fbetamotor1905%2Fvideos%2F10155232300081152%2F&show_text=0&width=560




BTM web AD

ジャペックスドットネット
http://www.japex.net/news/3680/