どうなる2018年のENDURO GP

2018年のFIMエンデューロ世界選手権は3/17-18に雪のフィンランドで開幕します。昨年から、クロスカントリー(耐久レース)フォーマットとの混合ラウンドも開催されるようになり、新たなステップに進もうしているENDURO GPですが、今年は、イタリアラウンドでエクストリームエンデューロとしての開催も試されるようで、この選手権はある意味では混迷期に入ったと言えるかもしれません。

プロモーターのABCコミュニケーションは、2003年以来、さまざまな新しい取り組みを行い、FIMエンデューロ世界選手権のメジャー化、プロ化に貢献してきました。エクストリームテストや金曜日にたくさんの観客を集めるためのスーパーテストの導入などでは賛否両論を浴びてきました。ABCの大胆な改革がなければ、FIMエンデューロ世界選手権はもっと衰退していたかもしれません。あるいは別の外観を持って発展していたかもしれませんが、それは誰にもわかりません。それを行ってきた者だけが評価を受けます。

ABCコミニケションは、さの代表アラン・ブランシャールの息子、バスティエン・ブランシャールが事業に参画するようになって、よりドラスティックな動きを見せています。期待と不安が、ENDURO GPに参加するライダー、チーム、メーカーを覆っています。

業界のトップであるKTMグループは、もちろんHusqvarnaを含みますが、自らの肝煎りであるエクストリームエンデューロの新シリーズ WESS(ワールドエンデューロスーパーシリーズ)に活動の場をシフトしましたが、少数のライダーは、きっと開幕までにはENDURO GPにもシードされるでしょう。WESSの立ち上げも、ENDURO GPからの撤退という動きは、KTMのパワーゲームだと思います。



最新号ではエンデューロイラストレイテッドが選んだ2017年、世界のエンデューロシーンのベストオブザイヤーも掲載。ハードエンデューロ部門はGraham Jarvis

オンラインショップはこちら
http://btmshop.cart.fc2.com/?ca=all&sort=5

 

No.215 目次

連載 カリフォルニア日記 三上勝久
BIG THREE エンデューロイラストレイテッド
連載 TIME TO RIDE 「ガミー中毒」 大鶴義丹
コロラド600 Bill Alspach
トルコ・エクストリームアドベンチャー 岡庭大輔
BMW G310GS 斉藤真奈

●ベストオブザイヤー2017
エンデューロイラストレイテッドが選んだ2017年、世界のエンデューロシーンのベストオブザイヤー誌上表彰式

●特集ダカール2018
 ダカール2018 詳報
 インタビュー
 菅原照仁/高橋貢/風間晋之介
 Lyndon Poskitt (Lawrenc Hacking)

●ブラッド・フリーマン インタビュー
 2017年FIMジュニア世界チャンピオンを獲得したブラッド・フリーマン(Beta)のロングインタビュー。エンデューロイラストレイテッド

●ギャラリー FIMスーパーエンデューロ
 完全復活のタディ・ブラズジアク!
 エンデューロイラストレイテッド

連載 レゴラリータ
 無償の愛が育てた日本のエンデューロ

連載 Parc Ferme
 日本が誇るエンデューロバイク
 YAMAHA WR250F

オンラインショップはこちら
http://btmshop.cart.fc2.com/?ca=all&sort=5