サンダーランドを欠いても強かったKTMライダーたちの – Dakar 2018


Photo ] Red Bull Content pool

ステージ10でタイムロスを喫したグループにトビー・プライスもいました。しかし最終的には3位という素晴らしい結果。

昨年は序盤に大腿骨の骨折でリタイアという結果でした。2016年の勝者が再び笑顔を見せます。

Edit : BIG TANK / Sei giorni

目標は完走だった

トビー・プライス KTM ステージ2位/総合3位
「最後のステージも終わりました。フィニッシュラインに辿り着けて嬉しいです。ケビン(べナビデス)に追いつく様に今日もプッシュしましたよ。でも途中でタイム差が5分あると知って、とても追いつく時間では無いことがわかったので、最後は安全に走りきることにしたんです。今回は最後まで走りきることが目標だったので、後半になってステージ優勝できるなんて信じられませんでしたよ。去年はクラッシュしてリタイヤだったので…。チーム一丸となって頑張ってくれました。彼ら無しでは走れませんでしたよ。2018年のシーズンは集中して走り込み、もう少し強くなってもっと上を狙って行きます」。


トビー・プライスの横顔

メオも復活、本当におめでとう!

エンデューロ世界チャンピオンからラリーに転向。2016年のラリーで負傷し、約2年間、復帰に向けて必死のリハビリを続けてきました。結果は総合4位と素晴らしいものになりました。

アントワン・メオ KTM ステージ3位/総合4位
「一桁の順位でレースが終わってすごく嬉しいです。今日は難しかったですね。長いステージではなかったですが、遅い車両の後ろでがまんしなければならないことが多く、集中力を維持するのが大変でした。序盤でプッシュしようとして、ちょっとしたミスをしてしまいました。その後、追い越しが難しいところでトラックの後ろについてしまい、時間をロスしてしまったんです。今年は何度かクラッシュしましたが、全体としてはそんなに悪くなかったと思います。結果にも満足しています。チームのお陰ですよ。とても感謝しています」。

連続完走記録更新のサンツ

総合12位という結果も素晴らしいですが、これで8回連続出場、そのすべてで完走という記録にも驚くほかありません。最初はGASGASチーム、続いてHRC、そして現在のKTMファクトリーチームへ。

ライア・サンツ KTM ステージ11位/総合12位
「フィニッシュ出来てとても嬉しいです。結果にも満足しています。とてもタフなラリーでした。大きなクラッシュも2回してしまいましたが、幸いバイクも私も酷いダメージが無くて良かったです。疲れ果ててしまいましたが、無事にフィニッシュしてここにいられて嬉しいです。私を助けてくれたチームのみんなに感謝しています。終わってすごくホッとしています」。

Laia Sanz の記録
2011年: 39位
2012年: 39位
2013年: 93位
2014年: 16位
2015年: 9位
2016年: 15位
2017年: 16位
2018年: 12位


Advertising
BIGTANK Web



https://www.web-cyclone.com/vol015
Cyclone