Dakar 2018 – アンドリュー・ショートも順調

Rockstar Energy Husqvarna Factory Racingは、総合2位の経験があるパブロ・クィンタニラと、今年ダカールデビューのMXヒーロー、アンドリュー・ショートの2名体制。

Edit : Sei giorni

デビューステージは好感触

パブロ・クィンタニラは、今年のダカールラリーを素晴らしいパフォーマンスでキックオフ。最初の短いSSで3番目のタイムを記録した。Husqvarna FR450も好調。チームメイトのアンドリュー・ショートも総合ランキング27位と順調だ。

目標は完走と経験

もちろん、ショートにとってのゴールは、上位入賞ではなく、無事にアルゼンチンにフィニッシュすること、そして多くの経験を積むことだ。第2ステージは267km、いよいよ本格的なステージに突入。荒れた砂丘のライディングと、ナビゲーション能力も問われるものになる。

アンドリュー・ショート

「ダカールは本当にエキサイティングです。今日の短いステージが、フィニッシュラインへ向かう長いスプリントレースの始まりだとということはわかっていますので、長いリエゾンの後、神経を研ぎ澄ませてベストな走りに集中しました。こうしてペルーに来ることができて幸せです。私の目標は、まず無事にゴールすること。スピードはまだ無いとわかっています。さらにうまくいけば、このラリーを通じて多くを学び、たくさんの経験を積むことができるでしょう。そしていつか、ダカールでトップ争いをするチカラになればいいと思っています」。

パブロ・クィンタニラ

「今日のSSは良かったですね(3位)。まだ30kmしか無いかもしれませんが、物事が良いラインに入るのはいいことですよ。最初が肝心なんです。今日はリスクを避けるように気をつけました。砂丘の先を見通すことが難しい地形だったからです。結果的に序盤でトップ3をとれたのはうれしいです。今回は、前半、砂丘が多く、ナビゲーションも難しいので、タフな展開になるでしょう。充分なトレーニングをしてきたし、とにかくナビに集中する作戦です。前半が勝負だと思っています」。





Advertising
BIGTANK Web




Husqnarna Motorcycles Japan
http://www.husqvarna-motorcycles.com/jp/