Dakar 2018 – HONDAに勝ち目はあるのか?

あえて下馬評ということを言うならば、まず、2018年もKTMということになるでしょう。それだけライダーのラインナップが厚い。トップグループは、転倒一発でリタイアというデスマッチになっているここ数年のダカールラリー。一人が欠けても、それ乗り越えてトップ争いをするライダーが出てこなければ勝てません。

デスマッチを制するのは…

長年のたゆみないエンデューロ、ラリーへの取り組みから、新しいタレントを発掘する土壌が豊かなのはKTMの大きな強みと言えます。昨年の覇者、サム・サンダーランド、2016年、2度目のダカールで初勝利を挙げたトビー・プライス(2015年のISDE総合優勝)、エンデューロチャンピオンのアントワン・メオ、MXGPからラリーに転向したマティアス・ウォークナー。誰が勝ってもおかしくない。KTMはオフィシャルチームだけでもこのラインナップ。しかも、ジェラルド・ファレス、イヴァン・セルバンテス等々と、サテライトにも強者の名が並びます。

HRCは鉄壁に立ち向かう鋭い矢のようなものと言えるかもしれません。




BTM web advertising

Reinforcement!

ICO Rallye MAX-G
GPS利用、正確、自動機補正、CAP(方位表示)。
http://reinforcement.cart.fc2.com/ca4/2/p-r-s/-


https://www.web-cyclone.com/vol015
Cyclone