Steve Holcombe – 彗星のように…

 スティーブ・ホルコムよりセンセーショナルなデビューを飾ったエンデューロライダーは数少ないでしょう。英国出身。2015年、シーズン途中からENDRO GPのジュニア(23歳以下)クラスに参戦。いきなりトップタイムを連発。ランキング5位でシーズンを終えますが、シーズン終了後、Betaは、彼をいきなりファクトリーチームに迎えました。

月給取りの仕事からファクトリーライダーに!

 
 Betaの本拠イタリアに移住。チームの先輩、アレックス・サルビーニのもとに身を寄せ、そこでみっちりトレーニングを積みます。「月給を稼ぐ仕事から解放されて、ライディングに集中できる。本当に夢のような生活が始まったんです」と、インタビューに応えています。2016年、メインのクラスにステップアップ。怪物マシュー・フィリップス(Sherco)とまとめに渡り合って、オーバーオールのGPクラスで3位(!)、E3でワールドチャンピオンに輝きます。

マディになるほど強さが際立つ

ENDURO GP2シーズン目ですよ!? そして今年2017年は、最高峰のGPクラスで頂点に立ちました。武器はBetaの2ストローク300cc、英国ライダーの例に漏れず、マディコンディションが得意。ライバルのマット・フィリップスは、レースの朝に雨が降っていると「今日はスティーブに勝てるやつはいない」とぼやきました。 

ライバルは

2018年もBetaで走るようです。マシンも2ストローク300cc、FIMエンデューロ世界選手権は新しい時代に入っています。新しいライバルは、同郷、同チームとなるブラッド・フリーマン、今年のジュニアチャンピオン。またこれも同郷のネイサン・ワトソン、スペインのジョセップ・ガルシアもみまだまだ伸びてくるでしょう。






Advertising
BIGTANK Web



Beta motor Japan

BIGTANKのバックナンバー No.205にはスティーブ・ホルコムのインタビューも掲載されています。

http://btmshop.cart.fc2.com/ca5/319/p2-r5-s/