KTM 450 RALLY – 2018 –


Copyright: © Marcin Kin – KTM Media Library

KTM Factory Rally Teamは、モロッコラリーで新しい450マシンをデビューさせました。昨シーズンまでのKTM450Rallyは、高い剛性のトレリスフレームをベースにした、690Rallyの流れを汲むものでしたが、この新型ではエンデューロモデルに近いクレードル型のフレームで、スイングアームの基本デザインも、より軽量なエンデューロモデルと共通のものに見えます。

最近のダカールラリーは、300~400kmのスペシャルステージを、アベレージ100km/h超で駆け抜けるスプリントの連続になっています。よりテクニカルなトラックでのスピードが重視される傾向で、毎年、デザインを更新しているHondaが優位に立ちつつありました。

ENDURO21.COM
http://enduro21.com/index.php/rally/2671-ktm-s-new-450-rally-dressed-in-black-looks-hot

No.212発売中です

オンラインショップはこちら
http://btmshop.cart.fc2.com/?ca=all&sort=5

BIGTANK No.212

「特集 : エクストリームエンデューロ」

●JPのエルズベルグ2017参戦記 : エンデューロイラストレイテッド誌のテストライダー”JP”が、KTM250EXC TPI(2ストインジェクション)で、早速エルズベルグに挑戦! 「最高で畏怖すべき狂気のレース」で見たものとは? そしてTPIモデルの真価をこのうえない環境「実戦」でテストレポートする。

●マン島TTライダーが挑戦したエルズベルグ2017 : マン島ライトウェイトTT優勝、今年はシニアTTで4位入賞。ロード(公道)レースの専門家、ジェームス・ヒリアーがエルズベルグ・ヘアスクランブルへの初挑戦について語る。

●Rollin’ Rubber : エルズベルグ、トップ6のタイヤセットアップをリサーチした。

●G-NETレポート : サバ広 熊本悠太が優勝。

●インタビュー : ウェイド・ヤング。南アフリカ出身、16歳でルーフオブアフリカで優勝した才能あふれるエクストリームエンデューロライダー。その謎に包まれた素顔に迫る。

「特集 ENDURO GP」

●レポート 第4戦ハンガリー、第5戦ギリシャ、第6戦ポルトガル

●インタビュー : 今季での引退を発表したマット・フィリップス。早過ぎる引退の真相と抱負。

●インタビュー : ネイサン・ワトソン。MXGPから昨年エンデューロにスイッチ。デビューシーズンでのタイトル獲得も目前たった2016年から一転、今年は序盤から苦戦…。

●JEC 第2戦 富山。釘村忠が圧倒的なスピードを見せた。

「ニューモデル試乗レポート」

●Sherco125 : もともと軽さが魅力のクラスではあるが、このフランス製のニューモデルは、その中でも群を抜く軽さ!

●KTM250EXC TPI : 北海道ルスツでじっくり試乗。TPIモデルは、2ストロークの良い部分だけを享受できるバイクという印象。直線的に立ち上がる自然なパワーカーブ、そして連勝状態の良さが、低速運転の連続でも、エンジンの安定性を約束する。

「連載ほか」

●北海道4デイズ
●ブーツ選び
●Husqvarna 701 ENDURO
●GPSトリップメーター検証
●連載 : 大鶴義丹「アドベンチャーバイク新世紀」
●連載 : 「ライドアフリカツイン 第2回アサマビバークミーティング
●連載 : カリフォルニアダイアリー
●連載 : 佐藤加世子、敏光、レゴラリータ

オンラインショップはこちら
http://btmshop.cart.fc2.com/?ca=all&sort=5

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中