ENDURO GP | FINLAND レメス tmレーシングが圧勝

2017年3月25-26日 FIMエンデューロ世界選手権の開幕戦フィンランドGP。今季は9大会計18ラウンドでタイトルが競われます。昨年からクラスの統廃合が進められています。2016年はシニアがE1.E2.E3の3つの排気量クラスに加えて、GPというオーバーオールカテゴリーも設定されていましたが、2017年は、2t/4tの250cc以下をE2クラス、それ以上をGPクラスとした2クラスに整理されています。

3月のフィンランドはまだ積雪期です。すべての車両には、ワンメイク指定のスタッド付きタイヤが装着されます。路面の雪は比較的少ないものの、しっかりと凍結したハードなコンディション。スペシャルテスト(SS)の合計タイムは、初日3時間、2日目2時間と、世界選手権としても長い戦い。

上位はフィンランド勢が占める結果。2日間を制したのはE2クラスのイーロ・レメス。tmレーシングの4t250ccが、GPクラスのタイムを圧しました。GPクラスでは、こちらもFINのアンティ・ヘルステン(Husqvarna)でした。ヘルステンは、地元大会にスポット参戦。ジュニアからステップアップしてからは初めての優勝となりました。

FIMエンデューロ世界選手権は、今年から排気量クラスが統廃合され、250cc以下のE2クラスと、それを超える排気量のENDURO GPの2クラスになっています。

2016年まで
ENDUO GP オーバーオール
E1 2t125cc/4t250cc
E2 2t250cc/4t450cc
E3 2t300cc/4t500cc
EJ 23歳以下
EW 女性
Youth125 20歳以下で車両は2t125cc

2017年
ENDURO GP 250cc超
E2 2t/4t 250cc以下
EJ 23歳以下
EW 女性
Youth125 20歳以下で車両は2t125cc




BIGTANKは広告を募集していないと思われている方もいらっしゃいますが、ただ単に広告が少ないのと、めったに営業をしていないだけで、広告は大歓迎です。ぜひ広告出稿で応援してください! お問い合わせは、下記メールまで。

bigtank66@gmail.com (ハルキ)

No.209 コンテンツ

新連載コラム / 大鶴義丹

特集 「冒険とは何か」
・内田正洋
・山田徹
・Lawrence Hacking ローレンス=ハッキング
・インタビュー/風間深志
・ナミビア アドベンチャーツーリング/Lawrence Hacking
・アフリカツインで走った最北端・宗谷岬/稲垣正倫

特集/ラリーモンゴリア「奇跡の大地を走る」
・インタビュー/菅原義正/篠原祐二

レポート/ダカール2017
・インタビュー/風間晋之介
・KTMファクトリーチームで学んだダカールのナビゲーション。
・もうひとりのヒーロー

FIMエンデューロ・ビンテージトロフィ
カナダ女性が走ったISDEスペイン大会
インタビュー/前橋孝洋/小菅泰輝
KTM-Husqvarnaファクトリーマシンに学ぶ10のポイント
Husqvarna TX125を長期テスト中
CRF1000Lアフリカツイン連載/内田裕也
G-NETレポート/MGS
連載コラム/三上勝久/春木久史

BTMオンラインショップ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中