Dakar 2017 – HRCのダカール挑戦は続く

587bab2c6ed0a4-88430315

587bab0e1e7c93-44859948

 ホンダファクトリーチーム=HRCラリーチームにとって5度目ダカール参戦。エンデューロモデルのCRF450Xの改造型でスタートした2013年、そのシーズンのFIMクロスカントリーラリー世界選手権からは本当のファクトリーマシンでの実戦テストを開始。2015年にはすでに「勝てる」マシンであると自信を持っての挑戦、前半戦で優位な試合を見せていながら、ウユニ塩湖のマラソンステージで、バレダのCRFがストップして大きく後退。多くのチームに塩水によるマシントラブルが発生した日でした。
 翌2016年も前半戦を有利に展開したHRCでしたが、奇しくもバレダのCRFは、ウユニのステージで再びエンジントラブル。単独でKTMと勝負することになったゴンサルベスは、後半戦、クラッシュに泣きました。KTMは、ニューヒーロー、トビー・プライスの勝利にわきます。

 5年間の挑戦で、あらゆる経験をしてきたかに思えますが、ダカールでは何が起こっても不思議ではない、と誰もが言います。南米ホンダのファミリーチームも強化して臨んだ今年。やはり序盤からラリーを優位に展開しましたが、ステージ4で、大きな衝撃を受けます。主催者のASOから、許可されない場所で給油が行われたという判定を受け、HRCのオフィシャルライダー、バレダ、ゴンサルベス、リッキー・ブラベック、ミシェル・メッジの4名に、それぞれ1時間のタイムペナルティが課されました。今や、1秒を削る戦いのダカールラリーにおいては致命的なハンデとなりました。
 が、チームはクレバーな戦いを継続。バレダは最後まで持ち前のスピードを発揮し、4度のステージウィンを記録し、最終的な差を43分にまで縮め、総合5位でフィニッシュ。パウロ・ゴンサルベスは続く6位に入賞しました。一昨年にYamahaから移籍したフランス人、ミシェル・メッジと、USAのデザートレース出身ライダー、リッキー・ブラベックも、2人のメインライダーを良く支えました。ブラベックはステージ11でリタイアとなってしまいましたが、メッジは総合14位でフィニッシュしました。

5802eabe4664c4-17708729
ポディウムには、HRCの野村欣滋代表も来てチームの健闘を祝福しました。
 チームのライダーたち、それを支えたチームのスタッフを誇りに思います。前半に1時間という重いペナルティを受けたにもかかわらず、あきらめることなく最後まで勝負を捨てませんでした。大きなチャレンジは完遂されたと思っています。ルールブックの曖昧な部分を理解していなかったことからミスをしてしまったことは残念ですが、最終的なタイムでは、充分な力を証明することができました。ライダーとチームのメンバーに賛辞を送りたいと思います。まずはゆっくりと休み、次のチャレンジのために力をたくわえてください。

5868195feec2d3-03414174
本田太一
Monster Energy Honda Team Rally Project Leader

 ダカール2017が終了しました。レースを通じてバイクの耐久性をテストするとても良い機会になったと思います。ライダー、そしてバイクともに素晴らしいパフェーマンスを見せてくれました。最終リザルトが、私たちが期待していたものではないことは少し残念ですが、ラリーを通じて私たちは実力を証明することができたと思いますが、来年に向けて改善できることもあるでしょう。
 バイクは良い性能を見せました。エンジン、耐久性、整備性、乗りやすさも向上し、ラリーバイクとして最高のレベルにあると思いますが、これからも開発は継続します。この過酷で長いラリーを、エンジン交換無しで走り切ることも目標でした。ブラベックがクラッシュしてリタイアしてしまいましたが、そのほかはエンジンを含めて完全な形でラリーを走り切ってくれました。バイクのパフォーマンスについて、私は満足しています。

586816b9cefc24-00329800
マルティノ・ビアンキ
Monster Energy Honda General Manager

 この結果を受け入れることはとても難しいものでした。Monster Energy Honda Teamはどのチームもよりも速く、バイクの信頼性の点でも上回っていました。小さなチームですがライダーたちは最強です。結果的に、不明確なルールによってペナルティを受けて勝利することはできませんでしたが、チームのみんなのハードワークには本当に感謝しています。ライダーそして日本のHRCのスタッフのおかげです。2つのステージがキャンセルされたため、タイムが競われたのは全10ステージでした。そのうち5回をHRCのライダーが取りました。そのことだけでも、HRCの実力は証明されていると言えるでしょう・最終結果は受け入れがたいものですが、この経験から学ぶことが重要です。来年、私たちはさらに強くなって戻ってきます。

Dakar2017公式
http://www.dakar.com/index_DAKus.html

HRCラリー
http://www.honda.co.jp/DAKAR/

Yamaha Racig 公式
https://www.yamaha-racing.com/dakar

ENDURO21.COM
http://www.enduro21.com/

基本 CMYK

オンラインショップはこちら
http://btmshop.cart.fc2.com/?sort=5

BIG TANK No.208

フルカラー90ページでお届けします

●インタビュー特集 ”ENDURO RIDER”
エンデューロライダー 小菅浩司
エンデューロライダー 太田幸仁
トライアル出身のルーキー 佐伯竜 / 大神智樹
JEC SUGOに初参戦した 熱田孝高 / 沼田誠司

●特集 USチームが悲願の初優勝 ISDEスペイン大会
FIMインターナショナルシックスデイズエンデューロ

●特集 BEST OF 2016
Enduro Illustratedが選出したENDURO GP 2016シーズンのナンバーワンを一挙掲載。今年度のベストライダーは? ベストバイクに選ばれたのは?

●MXライダーが多数参戦。波乱の最終戦
JEC SUGOツーデイズエンデューロ

●ダカールに再挑戦するEWCチャンピオン
インタビュー、アントワン・メオ

●CRF1000Lアフリカツインで挑戦したBAJA RALLY
ローレンス・ハッキングがアドベンチャークラスで優勝。そのインサイドレポート

●Beta X-Trainer
3名の女性ライダーが試乗。オールラウンドエンデューロのライダビリティをテスト。

●EXTREM FACE OFF Jarvis VS Walker
ジョニー・ウォーカーのKTM300EXCと、グレアム・ジャービスのHusqvarna TE300、2台のファクトリーマシンに試乗。

●G-NETシリーズレポート 河津浩二
●連載 DAYS OF AFRICA TWIN 内田裕也
●連載 レゴラリータ 佐藤加世子
●連載 俺とシックスデイズ最終回
●カリフォルニアダイアリー 三上勝久
●連載 Parc Ferme 春木久史

オンラインショップはこちら
http://btmshop.cart.fc2.com/?sort=5

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中