Dakar 2017 – Stage 6 豪雨にためステージはキャンセル

can

profil_us61

2017/1/7 Stage-6 オルロ – ラパス
Total 786km (SS 527km)

前日のステージ5も雨の中の走行が続きました。やっとたどり着いたオルロのビバークも水浸しでしたが、それでも速い時間に到着できたライダーは運が良く、多くのライダーが日没までにゴールできていません。政府が非常事態宣言を出すほどの日照り、水不足が続いていたボリビアにとっては待望の雨ということになりますが、ラリーにとっては過酷な歓迎となりました。

主催者は、この災害級の豪雨への対応として、オルロからラパス間のスペシャルステージをキャンセルし、最短ルートでのリエゾンに変更しました。予定のコースの安全確保が難しいこと、遅い時間になってもオルロに到着していない選手が多く、スペシャルステージを走るための準備ができないことなどが理由となっています。

予定されていたSSは、今大会もっとも長いステージでした。追う立場のチームにとっては、大きなチャンスを奪われる結果にもなります。ラパスではさらに一日の休息日が設けられていて、ステージの再開は1月9日となります。

現在の首位はKTMのサンダーランド、2位にHusqvarnaのクィンタニラ、3位にYAMAHAのファン・ビベレンで、HRC勢のトップは総合10位のパウロ・ゴンサルベス。トップとの差は1時間8分と小さくありません。

ステージ5終了後の総合結果
http://www.dakar.com/dakar/2017/docs/classements/CGM_05.pdf

akar2017公式
http://www.dakar.com/index_DAKus.html

HRCラリー
http://www.honda.co.jp/DAKAR/

ENDURO21.COM
http://www.enduro21.com/

基本 CMYK

オンラインショップはこちら
http://btmshop.cart.fc2.com/?sort=5

BIG TANK No.208

フルカラー90ページでお届けします

●インタビュー特集 ”ENDURO RIDER”
エンデューロライダー 小菅浩司
エンデューロライダー 太田幸仁
トライアル出身のルーキー 佐伯竜 / 大神智樹
JEC SUGOに初参戦した 熱田孝高 / 沼田誠司

●特集 USチームが悲願の初優勝 ISDEスペイン大会
FIMインターナショナルシックスデイズエンデューロ

●特集 BEST OF 2016
Enduro Illustratedが選出したENDURO GP 2016シーズンのナンバーワンを一挙掲載。今年度の米ストライダーは? ベストバイクに選ばれたのは?

●MXライダーが多数参戦。波乱の最終戦
JEC SUGOツーデイズエンデューロ

●ダカールに再挑戦するEWCチャンピオン
インタビュー、アントワン・メオ

●CRF1000Lアフリカツインで挑戦したBAJA RALLY
ローレンス・ハッキングがアドベンチャークラスで優勝。そのインサイドレポート

●Beta X-Trainer
3名の女性ライダーが試乗。オールラウンドエンデューロのライダビリティをテスト。

●EXTREM FACE OFF Jarvis VS Walker
ジョニー・フォーカーのKTM300EXCと、グレアム・ジャービスのHusqvarna TE300、2台のファクトリーマシンに試乗。

●G-NETシリーズレポート 河津浩二
●連載 DAYS OF AFRICA TWIN 内田裕也
●連載 レゴラリータ 佐藤加世子
●連載 俺とシックスデイズ最終回
●カリフォルニアダイアリー 三上勝久
●連載 Parc Ferme 春木久史

オンラインショップはこちら
http://btmshop.cart.fc2.com/?sort=5

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中