Dakar 2017 – Stage3 – HRCのバレダが大差で首位。王者KTMはサンダーランドが2位に

carte3

profil_us3

2017/1/4 Stage-3 タクマン – フフイ
Total 780km (SS 364km)

ステージ3になってラリーの景色は一変。初めてオフピストに踏み込みました。海抜5000mを超える峠越え、柔らかい砂地、リバーベッド(川床)の横断、トライアルのようにバンピーな地形も続きました。距離も長く「ハードなダカールの典型的な一日(リンドン・ポスキット)」となったようです。ウェイポイントの数も多く、ナビゲーションもテクニカルでした。

初日のリエゾンステージで水没を喫したHRCのホアン・バレダが快調に飛ばし、12分のリードでステージウイン。総合でも10分のリードで首位に立ちました。バレダにとっては14度目のステージ優勝で、これは故ファブリツィオ・メオ―ニの記録に並びます。KTMのトビー・プライスは序盤からナビゲーションに苦戦して20分ほどタイムロスし総合5位にポジションを落としました。

ホアン・バレダ
「とてもタフなステージで常に全力で集中していなければなりませんでした。幸運もありましたね。この成績でフィニッシュできてとてもうれしいですが、勝利について話すのは早すぎますね。ラリーはまだ7500kmも残っていますから。それに今年は、今までとはまったく違うシチュエーションです。確かなことは、私たちは、ラリーに集中し、今日のようなライディングを続けなければならないということです」。

#100のリンドン・ポスキットは総合51位、#118風間晋之介(YAMAHA)は総合102位でステージ3を無事にフィニッシュ。




Dakar2017公式
http://www.dakar.com/index_DAKus.html

HRCラリー
http://www.honda.co.jp/DAKAR/

ENDURO21.COM
http://www.enduro21.com/

res3

オンラインショップはこちら
http://btmshop.cart.fc2.com/?sort=5

BIG TANK No.208

フルカラー90ページでお届けします

●インタビュー特集 ”ENDURO RIDER”
エンデューロライダー 小菅浩司
エンデューロライダー 太田幸仁
トライアル出身のルーキー 佐伯竜 / 大神智樹
JEC SUGOに初参戦した 熱田孝高 / 沼田誠司

●特集 USチームが悲願の初優勝 ISDEスペイン大会
FIMインターナショナルシックスデイズエンデューロ

●特集 BEST OF 2016
Enduro Illustratedが選出したENDURO GP 2016シーズンのナンバーワンを一挙掲載。今年度の米ストライダーは? ベストバイクに選ばれたのは?

●MXライダーが多数参戦。波乱の最終戦
JEC SUGOツーデイズエンデューロ

●ダカールに再挑戦するEWCチャンピオン
インタビュー、アントワン・メオ

●CRF1000Lアフリカツインで挑戦したBAJA RALLY
ローレンス・ハッキングがアドベンチャークラスで優勝。そのインサイドレポート

●Beta X-Trainer
3名の女性ライダーが試乗。オールラウンドエンデューロのライダビリティをテスト。

●EXTREM FACE OFF Jarvis VS Walker
ジョニー・フォーカーのKTM300EXCと、グレアム・ジャービスのHusqvarna TE300、2台のファクトリーマシンに試乗。

●G-NETシリーズレポート 河津浩二
●連載 DAYS OF AFRICA TWIN 内田裕也
●連載 レゴラリータ 佐藤加世子
●連載 俺とシックスデイズ最終回
●カリフォルニアダイアリー 三上勝久
●連載 Parc Ferme 春木久史

オンラインショップはこちら
http://btmshop.cart.fc2.com/?sort=5

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中