ERZBERG は5/29(SUN) 日本時間18:30開始!

ERZ

一般的な注目度の高さではオフロードレーシングと言えばダカールラリーがビッグネームですが、エンスージアストにとってはこちらも負けずにビッグイベントです。Erzberg 2016 RED BULL SCRAMBLEは5月29日の日曜日、日本時間の18:30にライブ放送がスタートします。今年はジョニー・ウォーカーが欠場となってしまいましたが、コメンテーターとして現地にいるもようです。そして世界中からエクストリームエンデューロのトップライダーが集結します。今年はトライアル世界選手権、エンデューロ世界選手権の女性チャンピオンにしてダカールでヒトケタ入賞というスーパーライダー、ライア・サンツもエントリーしています。(追記 エントリーしていたけどキャンセルになったみたいです。ダカールでの怪我がまだ完全に直っていないのと、この後始まるENDURO GPにフォーカスするため、とのこと。こことか参照  ただし、会場には来るらしいです。)

また、今年は出場していませんが、過去5回出場、4度完走という大記録を打ち立てた田中太一にも、この機に改めての称賛を送るべきと思います。

ライブ放送はこちら
http://beta.redbull.tv/live/AP-1KNHBD11W1W11/red-bull-hare-scramble

Past winners of the Red Bull Hare Scramble:

過去の優勝者
2015
Jonny Walker (UK/KTM)
Graham Jarvis (UK/Husqvarna)
Andreas Lettenbichler (GER/KTM)
Alfredo Gomez (ESP/KTM)
※2015年は、運営上理由でイコールコンディションを保つことが難しかったため、フィニッシュラインに到達した4名全員がウイナーとなりました。

2014 Jonny Walker (UK, KTM)
2013 Graham Jarvis (UK, Husaberg)
2012 Jonny Walker (UK, KTM)
2011 Taddy Błażusiak (POL, KTM)
2010 Taddy Błażusiak (POL, KTM)
2009 Taddy Błażusiak (POL, KTM)
2008 Taddy Błażusiak (POL, KTM)
2007 Taddy Błażusiak (POL, KTM)
2006 David Knight (UK, KTM)
2005 David Knight (UK, KTM)
2004 Chris Pfeiffer (GER, Gas Gas)
2003 Cyril Despres (AND, KTM)
2002 Cyril Despres (AND, KTM)
2001 Juha Salminen (FIN, KTM)
2000 Chris Pfeiffer (GER, Gas Gas)
1999 Stefano Passeri (ITA, KTM)
1998 Giovanni Sala (ITA, KTM)
1997 Chris Pfeiffer (GER, Gas Gas)
1996 Chris Pfeiffer (GER, Gas Gas)
1995 Alfie Cox (RSA, KTM)

BIGTANK 6月発売号はENDURO GP特集
Sherco マット・フィリップスの300ccファクトリーレーサー
Betaファクトリーチームの新星、スティーブ・ホルコムのロングインタビュー
ENDURO GP前半戦モロッコ、ポルトガル、ギリシャのレポート

ダカールの話題では
KTMファクトリーチームのトビー・プライスのインタビュー
HRCのパウロ・ゴンサルベスのインタビュー

BTMオンラインショップ
http://btmshop.cart.fc2.com/?ca=all&sort=5

H1

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中