ENDURO GP 2016 第3戦ギリシャ – DAY2 - レメス(tm)連勝!

EGPGRE2

2016年5月22日 FIMエンデューロ世界選手権 ギリシャGP 2日目
雨はあがったものの、1周に3本設定されたスペシャルは、ほぼ全周が深いワダチが続くコンディション。テクニカルでミスを誘発しやすい状況。ルート全体も荒れ放題となりタフなDAY2になりました。オーバーオールのENDURO GPクラスは、DAY1に続けてtmレーシングのイーロ・レメスが優勝。フロントサスペンションにトラブルを抱えながら1周目からリードを保って2015年E1チャンピオンの実力を示した。

イーロ・レメス GP優勝
「2周目に入って、なにかフロントフォークに違和感を感じていたのですが、雨が上がってコースが乾いてきているせいだと思っていました。実際にはフロントサスのトラブルでした。でも、なんとかプッシュすることができて、今日も勝つことができて良かったです」。レメスはもちろんE1クラスでも連勝。

GPクラスの2位は、Betaファクトリーチームの2ストローク300ccを駆るジョニー・オベ―ル、そして3位にYAMAHAの450Fを走らせるルイ・ラリュー。トップのレメスとの差は約7秒。

ルイ・ラリュー GP3位 E2優勝
「今日はパーフェクトとは言えませんでした。最初のエンデューロテストで激しくクラッシュして頭を打ってしまい、その後は、とにかく挽回するたろにハードに攻めましたよ。なんとかE2クラスで勝つことができたので驚いていますが、YAMAHAチームにとってとても重要な勝利になったと思います。スペシャルテストは、スタートからゴールまで全部が1本の大きなワダチになったようでハードな1日でした。とにかく自分にとっても大事な1勝になりました」、

E3クラスのオベールは、2位のマニュエル・モンニ(tm)に42秒の大差。3位はアントワン・バッセ(KTM)、DAY1優勝のスティーブ・ホルコム(Beta)は、最初のテストでリードするものの、同じラップのエンデューロテストでクラッシュし、そのタイムが響いて4位、5位にGASGASのジョナサン・バラガンという結果。

ジョニー・オベール GP2位、E3優勝
「出足はあまりよくなかったですが、2周目に入ってからリズムに乗ることができました。スペシャルテストは、長くて深いワダチが掘れていて今日も難しいライディングが続きましたが、いいリザルトを出すことが出来てうれしいです。ポルトガルではDAY2にリタイアしてしまったので…」

23歳以下のEJクラスは、イタリアのジャコモ・レドンディが2位に50秒の大差で優勝。次は6月11-12日のフィンランドGP>

ギリシャ終了後のGPクラスランキング
http://www.endurogp.org/fr/result-pilotes-standing/9/2016

ギリシャGPのライブリザルト
http://www.enduro-live.info/

SSGC09-2

BTMオンランショップ
http://btmshop.cart.fc2.com/?ca=all&sort=5

IMG_7002

RALLY Teeも好評です!
http://btmshop.cart.fc2.com/ca7/313/p-r-s5/

6e277ac3a537c70b7f6d8ee0180885ff

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中