No.204 発売中

H1

いつもお待たせしております。No.204は、4月19日発送です。今回から、エンデューロの世界ナンバーワンメディア、Enduro illustrated誌との提携によって、同誌の主要な特集記事を日本語版としてご覧いただけるようになっています。今回はエクストリームエンデューロの特集記事が多めですが、ENDURO GPのシーズンもスタートしましたので、次のNo.205からはENDURO GP(FIMエンデューロ世界選手権)もしっかりレポートしていきます。

BIGTANK Magazine
Editor – Hisashi Haruki
Advisor – Katsuhisa Mikami

Contributors of this issue
Masanori Inagaki – ENDURO.J
Jonty Edmunds – Future 7 Media / Enduro Illustrated
Lawrence Hacking
Toshimitsu Sato
Kayoko Sato
Koji Kosuge
Hiroyuki Watanabe
Hideyasu Noguchi

オンラインショップはこちら

定期購読の更新もぜひお忘れなく! ぺイパルでの決済もできますので、定期購読中だけど、そういえばまだ更新の振込みしてなかった、という人はお気軽にメールください。ぺイパルからの請求メールをお送りいたします!
メールは、bigtank66@gmail.com まで

BIGTANK No.204 2016年4月発売号
●特集 : グレアム・ジャービスの真実。40歳を過ぎてなお、エクストリームエンデューロの頂点を走り続けるライダーの素顔に迫ります。
●特集 : 「5人のトップライダーが語るエクストリームエンデューロの奥義」。ジョニー・ウォーカー、グレアム・ジャービス、アルフレッド・ゴメス、アンドレアス・リッテンビッヘラー、そしてタディ・ブラズジアクが登場。
●インタビュー : シルバン・エスピナス。先鋭化の進むダカールラリーにあえて2ストローク125ccを選んだのはなぜか。過酷なチャレンジのストーリーに垣間見る、現在のダカールラリーの姿。
●TEST RIDE : ローレンス・ハッキング、BIGTANKのアフリカツイン試乗。
●連載 : トレイルツール●連載 : 思い出のMy Ride●連載 : 三上勝久コラム「GSトロフィインターナショナル」●連載 : レゴラリータ、佐藤加世子●連載 ; Lokking Back「続4ストローク250cc時代の幕開け●連載 : Parc Ferme「いつしかセンタースタンドは消えた」●連載 : 俺とシックスデイズ

オンラインショップはこちら

BJ

SVE

BJ2

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中