ENDURO GPまもなく開幕

bellinophillipsEWC2015Rnd54458

いよいよ4月9-10日。モロッコで今年のEWC(FIMエンデューロ世界選手権)が開幕します。今年は初めて”ENDURO GP”という、真の世界一と位置付けられるクラスが実施されます。これまで、エンデューロでは、排気量別にE1、E2、E3、そして23歳以下のEJクラス、女性のWクラス、21歳以下のYouth 125ccクラスが行われていました。EJ、女性、ユースはともかくとして、E1、E2、E3でそれぞれ毎年3人ずつチャンピオンが出るというのは、ちょっと多過ぎで、ファンやメディアへのアピール度が弱くないか? ということがずっと言われていました。ロードレースのmotoGPのようにメインのクラスを設けて、そこで「真の世界一」を決めるのはどうだろうか、というのがENDURO GPの目的です。

しかし、今年はENDURO GPが行われるとは言っても、実はE1、E2、E3もあるということです。当然、ENDURO GPじゃないクラスで優勝しても世界チャンピオンを名乗ることになるので、アピール度的には「ENDURO GP」というクラスがさらに1つ増えてしまったことにならないか心配もしていますが、さて、どうなるでしょう。

プロモーターABCのHP
http://www.enduro-abc.com/index.php?model=news&action=view_object&object_id=733

以前dirtNPに書いた記事
http://www.dirtnp.com/?p=72677

下は、以前に発表されたENDURO GPクラスのシードライダーですが、チーム体制が変わったり、今年参加しない選手もいますので、そろそろアップデートされると思います。これは昨年の中盤戦までの成績でセレクトしたもので、その後もっと注目すべきライダーも出てきていますからね。

2016 EnduroGP Selected riders
E1クラスから(ランキング順)
イーロ・レメス フィンランド
クリストフ・ナンボタン フランス
ダニー・マッカニー イギリス
ロレンツォ・サントリーノ スペイン

E2クラスから
アントワン・メオ フランス
ペラ・レネ フランス
アレックス・サルビーニ イタリア
ヤウメ・ビトリュー スペイン

E3クラスから
マシアス・ベリーノ フランス
マシュー・フィリップス オーストラリア
マッティ・セイストラ フィンランド
アイガー・レオク エストニア

ワイルドカード
ジョニー・オベール フランス
イヴァン・セルバンテス スペイン
デビッド・ナイト マン島
タディ・ブラズシアク ポーランド

BTMオンラインショップ・バックナンバーや定期購読、写真集などもありまーす
http://btmshop.cart.fc2.com/?ca=all&sort=5

6376350516436fa42049b0e91f9cefa0

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中