ISDE 代表チームは6名から4名に変更される

fim_isde_2016_header

Ambience Day6 - FIM ISDE 2015 Kosice

Ambience Day6 – FIM ISDE 2015 Kosice

ISDEのナショナルチームはダウンサイジング
1913年に第一回大会を開催して以来、2度の世界大戦による中止を除き、毎年、各国の持ち回りで開催が続けられているFIMインターナショナルシックスデイズエンデューロ(ISDE)、今年は10月11~16の日程で、スペインのナバラで開催されます。この大会は、モトクロスオブネイションズと同じように、国代表チームによる国別対抗戦です。これまで、代表チームのワールドトロフィチームは6名で構成されてきましたが、今年から4名に変更されることが発表されました。また23歳以下の代表チームであるワールドジュニアトロフィチームは4名から3名に変更、女性のウイメンズトロフィチームは3名のまま変更なしです。

この変更の背景にあるのは、参加国のフェデレーションまたはクラブなど、チームを送り出す側の財政的な事情と考えてよいでしょう。6名のビッグチームを組織するのが難しく、多くがライダーの個人に負担によっているというのが実情です。結果として、プロライダー(トップライダー)によるチーム編成が難しくなり、国代表とは名ばかりのチームになりがちです。そうするとますます、イベントとしての注目度が下がるという悪循環が生まれます。FIMエンデューロ世界選手権のチャンピオン級のライダーがISDEを敬遠するという傾向は、ここ10年来の問題となっています。エンデューロのシンボルとも言える6日間競技の復権のためのひとつの策と言えるでしょう。

これら代表チームのほか、クラブチーム(3名)、インディビデュアル(個人)参加の方法もあり、今年は全体で750名ほどの受け入れ枠が用意されています。また、初めて、Vintage Enduro World Cupというものが併催されます。30年以上前に製造されたバイクによる競技ですが、こちらの詳細は3月に発表されるとのこと。

ISDE公式
http://www.fim-isde2016.es/en/home/

定期購読の方にはメールマガジンサービスもあります
http://btmshop.cart.fc2.com/?ca=all&sort=5

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中