EWC 2015 Opener

EWC_C1

FIMエンデューロ世界選手権が南米チリで開幕しました。このタルカで開催されるのは、過去4年間で3回目です。DAY1が終了。E1クラスは、昨年から小排気量クラスに移ってタイトルを更新しているクリストフ・ナンボタン(KTM)、昨年は前半の怪我でポイントをロスしていたアントワン・メオ(KTM)、そしてE3クラスはマシアス・ベリーノ(Husqvarna)という結果でした。E2クラス、メオの速さはやはりう圧倒的でした。今季、もっとも接戦となるのは、E3クラスとなりそうです。

ENDURO21.COM

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中