YZ250FXとWR250Fの紹介

__YAM

ストリートリーガルバージョンはWR250Fですね。基本的に同じシャーシ、サスペンションで、セルスターターを装備している点も変わりませんが、WR250Fはエンデューロに対応する静かなサイレンサーと、ECU、それからヘッドライト、テールライトを備えています。6速のギアボックスも同じです。 続きを読む

3/22は「クロステスト1」いなべ

5b5f086b3d21ea5a6d3c58231d71384a-410x578

3月22日、いなべで開催される”クロステスト1”の告知、1周5分程度のコースを、規定時間内に規定周回数のタイムアタックする競技で、つまりスプリントエンデューロやJECライツに近いフォーマットですね。モトクラブオープンエリアの主催、計時集計は、ワキタソフトなので、ライブリザルトも楽しみですね。 続きを読む

BIG TANK Magazine No.197 発売中

197


バックナンバーの記事が読めます。お試しにどうぞ!

BIGTANK No.197 隔月刊 オールカラー60ページ

特集 : ダカール

14連覇を狙う王者KTM、ダカール復帰3年目となるHondaファクトリーチーム。近年になく熾烈な戦いとなったダカールラリーのレポート。併せて、Team HRC テクニカルディレクター、本田太一氏のインタビュー、四半世紀ぶりにダカールを取材した松井勉による寄稿は、サハラ時代の「パリダカ」と、南米ダカール、その間にあるものを随想。現代のラリーの実像に迫った特集です。 続きを読む

YZ250FXストーリー

photo01

すでにご紹介済みですが、改めて。YZ250FXの開発ストーリー。次号BIGTANKで、YZ250FXを改めてしっかりと試乗させていただきました。以前に、凸凹ランドで、オーナーの方に少し乗らせていただいたのですが、当然、もっともっと乗りたくなりました。コストパフォーマンスを除いても、素晴らしいマシンで、売れるのがよくわかります。 続きを読む

Hell’s Gate 2015はJW

hellsgate2015

地獄門・Hell’s Gate 2015は、ジョニー・ウォーカーの勝利に終わりました。雨と雪のまさにエクストリームコンディション。4本のスペシャルテストのタイムで競われる午前のエンデューロ(予選)からして14名しか完走できませんでした。あまりにもコンディションが悪くなったため、各所がショートカットされて、Hell’s Gateとしては「比較的」ハイスピードなコースとなったようです。 続きを読む

Betaは地獄門でXtrainerをデビューさせます。

10986131_780342288721798_687839213_n

2/14にトスカーナで開催されるHell’s Gate 2015、Betaファクトリーチームは、ベン・ヘミングウェイのライディングで、Xtrainer 300をデビューさせます。小さいフレーム、300RRベースの2ストロークエンジン、KTMのFREERIDEよりは、スピードに振った性能を持っているように見えます。 続きを読む

Speedy Clasen – History –

HCNiederberg59

Helmut Clasen 1933年ドイツ生まれ。1962年に初めて6日間競技に出場し、Goldメダルを獲得。その後カナダに移住。1971年のIsla of Man大会に出場し、カナダに初のGOLDメダルをもたらします。彼の最後のSIXDAYSは1994年のUSA大会です。現在は、仲間たちとともに、若いライダーたちのサポートでSIXDAYSを楽しんでいます。

http://speedy_c.tripod.com/

GASGAS Cami 250 

_1a1cami

GASGASのデュアルパーパスモデル「EC CAMI」は、エンデューロモデル(旧ECシリーズ)のしなやかでコンパクトなペリメターフレームに、扱いやすくけっこうピックアップが良くてスポーティな4スト250エンジンを積んだバイク。入門編におすすめの一台です。 続きを読む