KTM 450 RALLYの試乗

_1a1

ENDURO21.COMが、2014年のダカールのMarc Coma優勝車をテストした時の様子です。オーナー、スケテツさんのご好意によって、ハルキも、KTM450Rally Repricaを試乗させていただいたことがありました。こういうバイクには手強いはずのサンドのHOPでの試乗でしたが、バンドリングの軽さにまず驚きました。サンドでの操縦安定性の高さは特筆。ラリー艤装をしていない市販のエンデューロマシンよりも走りやすい、といいたくなるぐらいです。現代のラリーバイクは、乗り物としてひとつの究極に位置づけられるものでしょう。あらゆる条件に耐え、あらゆる条件で速く、そて長距離をこなすことができる信頼性、故障せず、故障した場合にも、可能な限り迅速にリカバリーできるようにできているわけですから…。640LC4の時代から、660、690、そして450と、ダカールでの勝利のために進化を続けてきたKTMは、現代のオフロードバイクのマスターピースと言えるかもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中