ISDE San Juan DAY2

OFFI

シックスデイズの2日目。1日目と同じルートで、若干タイム設定が短くなるのは、割と普通のパターンです。それだけ、1日目は慎重なタイム設定になっているということでしょうか。

ワールドトロフィチーム成績
1. France 8:26.48
2. Australia +6.43
3. Spain +11.37
4. USA +12.53
5. Germany +29.47
6. Argentina+33.59

今年は国代表チームの参加国が少ないので、予想しやすいですが、2日目にしてフランスの優位は圧倒的です。初日でザック・オズボーンを失ったUSAは、さらにチャーリー・ムリンズがTEST-4の岩のコースで激しくクラッシュ。なんとかフィニッシュしたものの、タイムペナルティを受けて後退。オーストラリアが2位に浮上。3位はスペイン。スペインチームには、今季Husqvarnaでワールドエンデューロにデビューしたジョナサン・バラガンもいます。

FIM Women’s World Trophy には、3ヶ国がエントリーしていますが、今回はEWCにも参戦しているジェシカ・ガーディナーがいるオーストラリアが強いですね。すでに2位に15分の差をつけています。2位USA、3位にカナダと続いています。ライア・サンツのスペインは、今回参加していません。まだまだ盛り上がっているとは言えないこの女性選手のクラスですが、2006年にウーマンズカップとしてスタートして以来、徐々に選手層が固まってきています。

日本のライダー、阿部道夫、滑川勝之、井上雄介が厳しいコースながら2日目もオンタイムで走りきりました。井上は夕方のワークタイムでクラッチを交換し、そのために少し時間を要して1分の遅着を受けたようです。大和芳隆は25分遅着。茅森和昭はタイムオーバーでリタイア、DAY1にリタイアした渡邉一信は、リスタートしていないということです。

公式サイト
http://www.fim-isde2014.com/en/

公式ライブリザルト
http://www.fim-isde-live.info/

ダートスポーツWEBでは、毎日レポート掲載
http://www.zokeisha.co.jp/dirtsports/archives/11675

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中