KTM690のトラブル解決 Noah Horak

690

KTM690ENDUROで世界旅行中のNoah Horakが紹介する、KTM690の燃料噴射ノズルが汚れで詰まってしまった場合の簡単な解決方法。この頃の年式のKTM690ENDUROの噴射ノズルは、汚れで詰まりやすい傾向がありました。現在のモデルはどうでしょうか。ハルキは、汚れた燃料が原因(と思われる)で、2度、トラブルに見舞われました。年式は2009年モデルのENDURO-Rです。旭川のKTMディーラーZIPさんでO/Hしていただいた際、EXC用のインラインのフィルターを付けてもらって、ある程度解決しました。インラインフィルターはそれ自体が定期的な交換を要するという欠点はありますが、ノズルの汚れはかなり防ぐことができるようです。もし、バックカントリーでノズルつまりのトラブルに遭ってしまったら、このビデオのような方法もいいかもしれません。噴射ポンプの圧力を利用して強力洗浄。できれば、噴射ノズルの予備があったわうがいいと思いますが。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中