AREA-1 R2 カートランドARK終了

s-H7271163

AREA-1シリーズとしては初の愛別カートランドARKでの開催。ヘビーウェット! でも、いつも以上に熱いバトルが展開。やっぱり、スーパーモタードはロードレースではなく、コンディションがラフであってこそ! かもしれません。北海道のライダーたち、最高でした。みんなよく吹っ飛びましたね。怪我がなくてよかった!! フォトグラファー、畠山公妥が、機材に厳しい状況の中、感動を伝えます。 続きを読む

ロシアライダーと一緒にレッスン!

ロシアライダーとの交流イベントのひとつ、8/14と15日は、ビッグベアで、ライディングスクールも行われます。楽しくコースを走って、ロシアのライダーたちと交流しながらレッスンを受けられるという内容。講師は、北海道のMXIAライダー、武田善道(よしみち)さん、と源治篤さんです。

詳しくはこちら~

JEC R2 プラザ阪下

10338265_1442200899387387_7155473547332081001_n
すいません。写真は小菅泰輝FBから拝借しました。

話題が多かったJEC R2が終了。ファイナルエンデューロクロスも盛り上がったようです! まもなまJEC PROサイトにも、レポートがあがるのを期待していますが、競技中からライブリザルトが機能して、お茶の間観戦も盛り上がりましたね。IAクラスは鈴木健二(YAMAHA)、IBは初出場の矢野和都(KTM)、Nクラスは荒川一佳(Kawasaki)、そしてWクラスは近藤香織(YAMAHA)がそれぞれ優勝という結果。
リザルトはこちら 続きを読む

2014年7月号 発売中

s-14bt07
Photo : Tsutomu Takasu


2014年7月号 発売中

●エルズベルグ2014 田中太一の挑戦 ERZBERG RODEO●FIMエンデューロ世界選手権 フィンランド・スウェーデン●ノースアイランドラリー 札幌-稚内-サハリン5デイズ●エンデューロ・ラリー最新情報●ISDEコラム●連載、佐藤敏光・三上勝久●ほか。

オンラインショップはコチラ

プロローグはボルトン首位

ba5d081149227997da787630c1f7a90b_L

Jonty EdmundsのENDURO21.COMより、ルーマニアクスが速報中。シビウのプロローグは、ポール・ボルトンが首位、2位ジョニー・ウォーカー、3位グレアム・ジャービスです。基本、美女つきがうらやましい、これがルーマニアです(!)。

http://www.enduro21.com/index.php/component/k2/item/2010-red-bull-romaniacs-%E2%80%93-results-feed

JNCC 小林雅裕が初優勝

5b2b6423
JNCC公式サイトより

7/13 阿蘇観光牧場では3年ぶりの開催となったJNCCは、折からの降雨でマディのエクストリームコンディション。スタート時間の遅れ、レース時間が通常の3時間から2時間に短縮されるなど、変則的なスケジュールとなったものの成立。AAクラスは小林雅裕が最高峰クラスでの初優勝。AA2クラスは小坂竜也が優勝を飾った。

公式リザルト

凸凹DEKOBOKO

d56bcbf4044ef431a0014e49758db856

きらたかしによるエンデューロ漫画「凸凹DEKOBOKO」第2話掲載の「イブニング/講談社」が発売中! 第1話も試し読みできちゃうので、第2話からはフィジカルブックで読みましょう!! きらさんは実際にJNCCなどのレースにも参加しているライダーだそう。どおりで描写がリアルなわけです。ライダーとして本当にうれしいです。

試し読みコチラ 凸凹DEKOBOKO/きらたかし 第1話「最後のレース」

JEC R2 近畿大会 エントリー!

round2

全日本として初開催となるプラザ阪下でのJEC。JECはどこの大会もそうですが、ローカルの熱い思いが伝わる競技会。プラザ阪下はエンデューロの開催地としてはコンパクトな場所ですが、コースを熟知したライダーたちが「ここでいい大会ができなければ、日本にエンデューロは根付かない」というぐらいの緊張感を持って準備に励んでいます。逆に言うと「北海道みたいにいい場所なら誰がやってもうまくいくんだぜ、見てろコラ」ぐらいの気持ちでしょうか。なめんな。それぐらいの熱い思い、気持ちがあるということです。すでにスタッフは、本番さながらの計測シミュレーションなどもこなして、万全を期しています。エントリーしないと損しますよ。 続きを読む