The John Penton Story

Penton

6月に発売される”The John Penton Story”のトレーラー

ジョン・ペントンは、USAの偉大なモーターサイクリストの一人として、AMAモーターサイクルの殿堂”Hall of fame”にその名が刻まれるライダーです。ISDTには、イーキンス兄弟と同時期に、USA代表チームのライダーとして出場。数多くのメダルを獲得していますが、ペントンの最も大きな功績のひとつとされているのは。ダートバイクに革命的な進歩をもたらしたことです。ISDTに出場を重ねる中で、ペントンはもっと軽量でサスペンションの良いモーターサイクルが必要であることを強く感じます。ペントンは、そこで出会ったマニュファクチャー、KTMとともに、それまでとは異なる、軽量なモーターサイクルの開発に着手。やがて、それがアメリカで発売されます。1971年。それがPENTONというモーターサイクルでした。KTMの正式な北米市場へのデビューですが、まずはこの”PENTON”という名前で知られることになります。オーストリアのモペッドメーカーだったKTMの転機にもなり、また、ダートバイクのカルチャー全体にも大きな影響を与えたのが、”PENTON KTM”だったということが言えます。

ジョン・ペントン。1969 ISDT West Germany大会(たぶん)

ジョン・ペントン。1969 ISDT West Germany大会(たぶん)

1972 Penton Six Day 125

1972 Penton Six Day 125

http://pentonmovie.com/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中