EWC GP OF PORTUGAL

Husqvarnaのペラ・レネ

Husqvarnaのペラ・レネ

難易度の高いコース設定はポルトガルのお家芸ですが、今回も前評判通りのタフなスペシャルテストが続いたようです。
E1はクリストフ・ナンボティン、E2はアントワン・メオ、そしてE3もKTMのイヴァン・セルバンテスと、シニアクラスはオレンジに染まりましたが、各クラス接戦です。特に、R2ではHusqvarnaのペラ・レネが健闘、メオをおびやかす最大のライバルとして名乗りをあげた感。またE3は、Shercoを駆る、CHレーシングのマッティ・セイストラが4位/2位と、開幕戦に続けてポディウムフィニッシュ。E1クラスは、tmレーシングのイーロ・レメス両日2位。2年前にKTMがイーロを手放した理由がわかりません。また、2stエンジンの印象が強いtmの4st250ccマシンのポテンシャルの高さにも注目です。21歳以下のジュニアクラスでは、ダニー・マッカニーが1位/1位、ジャコモ・レドンディが2位/2位という週末。ともにBETAライダーで、マッカニーはシニアでも上位に食い込むタイムを連発しています。今回はウーマンズの開催はありません。

MXGPから転向の、ジョナサン・バラガンはDAY2に5位をマーク。まずまず、安定して上位に入る走りを見せています。手指の骨折に苦しんでいる昨年のE2チャンピオン、アレックス・サルビーニ(HON)は、それでも3位/3位のリザルト。次回、5月10-11日のギリシャGPまでには完治してほしいです!

メオたん

メオたん

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中