EWC 2014

EWC2014
いよいよ開幕。FIMエンデューロ世界選手権は、4/5-6 のスペインGPからスタート、9月の最終戦フランスGPまで、全8大会、16ラウンドの長くて厳しい戦いが続きます。
クリストフ・ナンボティン、アントワン・メオ、イヴァン・セルバンテスを擁する最強のKTMファクトリーチームが、EWCの中心にいることは間違いありませんが、だからといって、KTMの独壇場でシーズンが終始するというわけではないのが、エンデューロ、EWCの面白いところです。ミカ・アオラを不慮の事故で失ってなお、その遺志を継ぐかのような活躍を続けるHM HONDA(Jolly Racing)、またHusqvarnaの体制変更に伴って、新たにShercoチームとなったTEAM Azzarin、ジョニー・オベールを獲得したトスカーナのBETAファクトリーチーム、そしてアイガー・レオク、イーロ・レメスら4名体制で臨むtmレーシング。北イタリアの名門チームが中心となってシーンを盛り上げます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中