EN世界選手権ビデオ

banner-up-home

ちょっといまさら感があるかもしれませんが、FIMエンデューロ世界選手権の最終戦の動画です。毎年そうですが、最終戦のビデオは選曲のせいもあってか、感動的です。

冒頭、E2でタイトル獲得したアレックス・サルビーニ(HM-HONDA)の後ろ姿から。続いて、Husqvarna時代にはチームメイトとして戦った、アントワン・メオと#18のユハ・サルミネン。メオはKTM移籍後も2年続けてタイトルを決めて、これで4勝目、一方、Husqvarna、その前のBMWでもマシン開発に大きく貢献した”プロフェッショナル”のサルミネンは、2013シーズンで引退。これがワールドでの最後の試合でした。

後半、今年のダカールでも大活躍だったライア・サンツ。 トライアル女王でもあるサンツは、タフなエンデューロ世界選手権でも抜群の活躍。全クラスまったく同じスケジュール、行程を走るISDEで比較すると、サンツは、日本のトップライダーより速いタイムで走ります。ウーマンズは独立したクラスなのでその中でメダルアワードも競われますが、仮に男子のクラスに混じって走ったとしてもシルバーメダルの上位の成績に換算できるほどです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中